ASEAN特許庁シンポジウム2019

参加費無料(言語:日英同時通訳)、期日:2019年8月7日(水)10:00~13:00、会場:ロイヤルパークホテル 3階ロイヤルホール(東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1)、主催:特許庁

開催案内

ASEANは、日本からの輸出額が中国、米国に次ぐ規模を誇り、企業の有望事業展開先として注目を集めている地域です。産業界の皆様からは、成長を続けるASEAN市場への投資拡大を見据えて、ASEANにおける知財ビジネス環境の発展を望む声が多く寄せられています。

そこで今回、ASEAN各国の知財庁長官等を招いてシンポジウムを開催します。シンポジウムでは、第4次産業革命と特許、スタートアップと知財施策、知財の情報発信・普及啓発をテーマとして、ASEANにおける最新の知財施策を紹介し、ASEANにおける知財制度の発展と今後の方向性について議論します。

開催概要

日時
2019年8月7日(水) 10:00~13:00
場所
ロイヤルパークホテル 3階ロイヤルホール(東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1)
会場へのアクセスについてはこちらをご参照ください。
参加費
無料
言語
日英同時通訳
参加申込
申込先着順
※参加申込の受付は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

主催
特許庁

開催当日は、発表者、会場の様子の写真を撮影いたします。
写真データは後日WEBサイト等で公表することがありますのでご了承ください。

日本弁理士会継続研修の単位取得について

このシンポジウムは、日本弁理士会の継続研修として認定されており、弁理士の方には受講により単位(2.5単位)が付与される予定です。

なお、遅刻(15分以上)、中座・早退をした場合は単位が付与されませんのでご注意ください。

What’s New !

2019.08.01
参加申込の受付は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。
2019.06.20
ホームページを開設しました。